中絶の際にはその後のメンタルケアも考えて

      このエントリーをはてなブックマークに追加

中絶を選ぶ前に

中絶を選ぶ理由はいろいろあると思いますが、中絶はどのような理由にせよ一生心に残る出来事になるため、事情によっては中絶という選択肢を選ばなければいけないこともあるかもしれませんが、中絶をする前には真剣にいろいろな問題について考えるようにしなければいけません。


中絶の現状

 

実は中絶の現状を見てみると、10代と40代で妊娠した女性の7割が中絶を選ぶというデータがあります。


10代と40代に共通しているのは、本当に望んだ上での妊娠ではないということで、10代で妊娠する女性のほとんどは未婚の状態であり、40代の場合は既婚だとしても高年齢出産となり、母体にかかる負担がかなり大きくなってしまうため、中絶を選択するケースが多くなります。


中絶を選ぶその前の段階で、妊娠を避けるためにはコンドームを付ければいいということは、妊娠をするような年齢になれば大抵の女性は分かっているのですが、それをしないという浅はかさがあり、また男性にコンドームをつけてくれと言えない女性の弱さ、そして男性の無責任さも中絶という道を選ばなければいけない大きな原因となっています。


したがって、自分だけは絶対に妊娠しないなどという考えは捨てて、快楽だけを求める性交渉は行わないようにして、妊娠を望まない場合は絶対に避妊を心掛けるようにしましょう。


修理するためにかかる費用

 

また日本では子供を産むことを美徳と考える風潮がありますが、望まない出産をすることにより、自分だけではなく周りにも迷惑をかけてしまうこともあり、産めば何とかなるような考えを持つ人も多いようですが、必ず生んだ後の責任について十分に考えるようにしなければいけません。


中絶をする前には、そうと決めたからには絶対に後悔しないという強い気持ちを固めることが大事で、その経験を引きずりながら悔いの残る行き方だけはしないようにしなければいけません。


もちろん一番大事なことは二度と同じことを繰り返さないようにすることで、妊娠を望まないのであれば、きちんと避妊をするようにして、酔った勢いなどで取り返しのつかないことにならないように、普段から十分に気を付けておくようにしましょう。


中絶するということは、1つの命を絶つことだといことを重く受け止めるようにしなければいけません。

Pick-Up Topics

中絶の方法や費用について

 

日本においては母体保護法という法律があって、妊娠中絶手術を受けられる条件が決まっており、中絶をしてもいいのは妊娠21週6日までとなっています。


中絶の方法は、妊娠が進んでいる週数によっても違ってきますが、妊娠初期と言われている11週6日までは、手術を採用している病院がほとんどとなっています。


また妊娠初期はまだ胎児が小さいため、比較的簡単な手術になり、母体にかかる負担も少なくなります。


また6週以前だと子宮口が開きにくい状態で、手術は難しくなり、10週を越してしまえば胎児が大きくなるため、手術もその分難しくなってしまいます。

「中絶の方法や費用について」の続きはこちら

中絶を取り巻く環境

 

最近では彼氏、彼女のいない若者が増えてきていると言われていますが、それでも若者たちの性行動は昔よりも活発化しており、性行年齢は若年化してきているというデータも出ています。


近年ではインターネットという便利なツールを使えるようになったことから、性交渉の危険性や中絶のリスクなど、いろいろなことを自分たちで調べられるようになっていますが、中絶にいたるまでのリスクについては事前に調べないという若者がほとんどだと思います。


中絶を取り巻く環境は、今も昔もそれほど変わらないと思いますが、性交年齢が低くなれば、当然若者で中絶をしなければいけない数が多くなり、責任もお金を持たない若者たちが、無責任に中絶を繰り返すケースも当然多くなっています。

「中絶を取り巻く環境」の続きはこちら

中絶後の精神的ケア

 

どんな理由であっても、中絶をしたということで女性には身体的にも精神的にも必ずと言っていいほど負担がかかることになります。


身体への負担は時間が解決してくれる場合がほとんどですが、精神的な負担は一生完全になくならないこともあります。


ほとんどは中絶をしたことによる罪悪感を持ち続けることになり、中絶しなければ良かったと後悔し続ける人もいるようで、中絶後遺症候群と呼ばれる症状に悩まされている人もかなり多いと呼ばれています。


中絶後遺症候群になった人は、突然怒り出したり警戒心が強くなったり、集中できなくなるなどの過剰反応を起こすケースもあれば、中絶した子供の夢を見たり、アルコールやタバコ依存症になるなどというケースもあります。

「中絶後の精神的ケア」の続きはこちら

関連お役立ち情報

矯正治療の専門歯科医院 山口県・山陽小野田市 公園通り歯科 〜予防歯科・矯正治療〜